INVISALIGN
インビザラインのご紹介

[写真]インビザラインのご紹介

インビザラインとは?

[写真]インビザラインとは?

当院の矯正歯科では、
インビザラインという治療法を採用しております。

インビザラインは1997年にアメリカで開発された新しい矯正方法で、日本では2006年に導入されました。
世界では400万人以上の実績があり、最も支持されるマウスピース矯正となっています。
当院では日本で最も早くインビザラインを導入した神谷デンタルクリニックグループの代表、Dr.神谷が直接診療いたします。

インビザラインの一番のメリットは透明なマウスピースであるため、矯正治療中であることがほとんど周りにわからないという点です。
俳優、アナウンサー、キャビンアテンダントなど、目立つ矯正はしたくないという職業の方に支持されています。
また、金属を使用しないため、口内炎になりにくい、食べ物が挟まらない、歯のケアがしやすいなど、身体に優しい治療法であることも特徴です。

インビザラインの3つの”ない”って何?

1

見えない(目立たない)

[写真]見えない(目立たない)

透明であるため、思いっきり笑ったり、会話をしていても、自分から言わない限りほとんど矯正をしていることはわかりません。

よくよく気にしてみれば、マウスピースの光沢や、アタッチメントと呼ばれる白いポッチが気になることがありますが、相当注意して観察しなければわかりませんので、「ほぼ見えていない」と言ってよいでしょう。

2

痛くない

[写真]痛くない

ワイヤー矯正は我慢ができないほど痛いことがあるという話を聞いたことがあるかもしれません。
また、金属を直接取り付けるため、舌や唇の裏にあたって痛かったり、口内炎を引き起こしたりすることもあります。

インビザラインは、歯を動かす距離が緻密に計算されており、1つのマウスピースで動かすのは約0.5~1.0mmまでと決まっています。
これにより、痛みがほとんど発生しないほか、歯根が短くなるなど負担を減らすことを可能としています。

3

歯を抜かない

歯を抜かなければ矯正できないと言われ、諦めてしまったことがある方は多いのではないでしょうか。
インビザラインでは「側方拡大」、「遠心移動」、「IPR」などの手法を使うことで、基本的には抜歯をしない方針で治療計画を立てていきます。

ただし、口元を大きく下げる必要がある場合や、治療期間をどうしても短縮したいという場合は抜歯を選択することもあります。

[写真]歯を抜かない

側方拡大
歯列の横幅が狭い場合に、正常な広さまで横幅を拡大する方法です。
遠心移動
奥歯が正常な位置より前歯に近い位置にある場合、前歯から遠ざける方向へ移動させ、噛み合わせを良くする方法です。
IPR
[写真]IPR
緻密なシミュレーションに基づき、歯に影響のない範囲(1歯あたり0.2~0.4mm)のみ、歯と歯の間を削ることをIPRと言います。

費用

1. 準備矯正(5~7歳以上 夜間のみ使用 約2年)
10万円 + 消費税
2. 準備矯正 + インビザライン
10万円 + 60万円 = 70万円 + 消費税
3. インビザラインのみ(12〜70歳 1日20時間以上使用)
60万円 + 消費税
監修
K.D.C.グループ

K.D.C.グループは「お口は命の入り口、心の出口」を合い言葉に、池袋と所沢を中心に、歯の治療を通してお口の健康増進をおこなう歯科医院のグループです。
2006年からインビザラインという最新の治療を日本で初めて導入したのが所沢のまつおか矯正歯科クリニックです。
池袋医院は2015年7月にオープンしました。

Page top